愛犬ポメラニアンのソラが原因不明の脱毛症に!どうする?どうなる?


by woo-sora
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ウーピーのハードボイルド劇場 『チョコレートには早すぎるぜ』

b0118416_2233136.jpg
ぼくは腕利きの私立探偵フィリップ・ウーピー。
ニューヨークから帰省中のseikoから極秘の事件の解決を依頼されたんだ。
極秘の事件なんて。いくら報酬が多くても受けるものじゃない。それがぼくのモットーだった。この事件に出会うまではね。


b0118416_0275138.jpg第2の事件が発生していなければ、ぼくはもっと今年の秋をゆっくり過すことができただろう。
2年ぶりの帰国、そして6年ぶりに第2の故郷と彼女が言う札幌の家へ。そこで、こんなに悲惨な事件に次々と襲われるなんて、まるでチャンドラーが書いた探偵小説に出てくる悲劇を背負ったヒロインのようだ。ぼくは、ちょっとした同情心から、このやっかいな事件を引き受けた。

b0118416_028556.jpg現場には悲惨な状態になったSeikoのトートバックが残されていた。使い古されているが、それが彼女がどれだけこのバックに愛着を持ってるかを物語っている。
サイドポケットが見事に破られている。前回のスーツケース事件といい、かなりの名うての強盗団か諜報部員の仕業だと推測される。
長年こういう稼業に就いていると、現場の第一印象でその事件のきな臭さの具合が分かる。ぼくは、よく鼻がきくんだ。

b0118416_0325771.jpg
今回狙われたのは、『Sweetriot flavor65』
厳選された100%のカカオ・ニッブスを65%のダークチョコレートでコーティングした小さなピースは、小粒ながらチョコレートのうま味を凝縮している。
いったい誰が、この頑丈なアーティスティックな缶をこじ開けて中身を盗み去ったのだろう。
それにしても、みごとなカカオの香りだ!チョコレートは、ピンクのフリルをつけたショーガールの唄声のようにただ甘いだけでは魅力がない。一方、苦みだけでも美味しくない。チョコはタフでなければ美味しくない。やさしい味でなければチョコである資格がない。
ぼくにチョコを語らせたら右に出るものはいない。それだけ、チョコには目がないのだ。


b0118416_029755.jpg
ぼくは、この事件の解決の糸口を見いだすため、聞き込みから始めた。
どんな事件でも、誰かが必ず目撃しているものだ。もちろん、犯人と神様以外の誰かが。ぼくは、そこに寝っ転がってるぼろぼろの羊犬に聞いてみた。

b0118416_0295415.jpg「やぁ、羊犬、この辺りで密輸入されたチョコレートの盗難事件があったんだが、やったらチョコくさいヤツを見なかったか?」
「・・・・・」
答えがない。
おそらく彼は、人生に疲れているんだろう。
望みも芯も無い野郎だ。

b0118416_0293894.jpg
ぼくは、私立探偵フィリップ・ウーピー。重大な証人に出会ったのは、けして偶然ではない。ぼくは鼻がきくのだ。
その証人とは、現場付近に住むソラというかわい子ちゃんだ。あのうるうるの瞳には、虚偽の証言は似合わないぜ。

b0118416_0292059.jpg「え? アタチ知らないよ。絶対知らない!
あの茶色いモノも見なかったし、黒くて毛もじゃもじゃのわんこがむしゃむしゃくらいついてたのも見なかったし、おこぼれをちょっとだけ食べたけど、ほろ苦くておいしかった、というのも知らない!」


b0118416_030850.jpg

また、自白しちゃったぜ。かわい子ちゃん。
ソラは、チョコレートには早すぎるぜ・・・・・



って、カット!カット! ウーピー!なに、探偵ごっこしてるんだよぉ〜!
また、盗み食いして〜!(*・ε・*)
チョコはわんこには良くないんだぞ!
すっかり味をしめて、二度も強引な犯行に及ぶとは・・・・
ほんと、根っからのくいしん坊だね。

今回も、二匹にはチョコレート中毒おきませんでした。読者の皆様ご心配なく。m(_ _)m
今後は厳重に厳重に注意しなければね。

で、噂のSeikoはお母ちゃんの運転で。実家がある函館に向かいました。
実家で一ヶ月位滞在してニューヨークに帰るそうです。
様々な事件に合ったけど、これに懲りずにまたウーピーとソラに会いに来てね!
そして、ニューヨークでもこのブログ見て、コメントしてね!

「長いお別れ」じゃなくて、「しばしのお別れ」だね!
by woo-sora | 2007-10-22 00:31 | トリオ☆ザ☆パンチョス劇場